日本とトルコの絆

きのう映画を見に行きました。何年振りかなと思いながら。
「海難1890」封切前のを特別に見れる機会があったのです。
泣けてくる映画かとおもいきやそうではなく、素晴らしい映画でした。

これはトルコと日本合作の映画で1890年にトルコの軍艦エルトゥールル号が
台風で和歌山沖で座礁大破し、
600名の乗組員を亡くしたが海に投げ出された69人を地元の串木町の人たちが
命がけで助け、そのご無事トルコに送り届けたというストーリー。

その95年後今度はイランイラク戦争のとき
イラクのフセインの48時間以内に

イランを出なければ上空を飛ぶ飛行機は撃ち落とす

という命令をうけ、テヘランにいた多くの日本人は自衛隊の飛行機も来てくれない、
日本航空の飛行機も来てくれないという孤立した状況におかれ
脱出するすべをなくしていました。

そのとき、トルコが日本人のために2機飛ばしてくれて助けてくれたというもので、
実際にあった話です。
それを映画化したものなんです。

この映画監督の挨拶があったけどよくまあこんな映画を作ったものだと
私はほんとうに感動してしまいました。

この映画のシーンで地面に落ちた食べ物を地元の子供が拾って食べようとするシーンで 
それを見た日本人の青年が子供に悪いなと言い訳をいい 
その食べ物を乗組員の一人に渡す、そのトルコ人は食べ物を半分して半分を子供に渡す、
子供はもらった半分をさらに半分して横にいた子供に渡す、
さらに横にいた子供はまた半分してその横の子供にわたす。
このシーンはほんとに感動してしまいました。

なぜなら誰だってほしい食べたいと思うだろうに、ましてや子供だもの欲しいはずです。

でもそうはしないんです。
自分の欲望は横においておいて人に尽くすという精神が、随所に出ていました。

イラク戦争の時のトルコの対応も素晴らしく、
何十年も前のできごとの恩返しと考えてくれたんですね。

この戦場に飛行機を飛ばし日本人を助けるという勇気と誠意 
これには本当に頭の下がる思いです。
このことは私はずいぶん前にNHKで見たことがありました。
ドキュメンタリーか何かで。

トルコ人も飛行機に乗りたかっただろうに自分たちは陸路を通り、
飛行機は日本人にゆずったトルコの人達。
この人たちも自分の欲望を横において人に尽くすという精神をもっているんです。

東の日本と西にあるトルコは遠く離れているけれど
心の根底にある気持ちというものは、同じものなのだとあらためて感じました。

日本人のために飛行機を飛ばしてくれたトルコという国は
なんてすばらしいのだろうと思う。
そして1890年にトルコ人を助けた日本人のDNAを私たちも受け継いでいるんだと思うと
なんだか誇らしくなってくる。

自分を犠牲にするというのはオーバーかもしれないけれど、
自分の事はさておいて、困っている相手の事を優先するという気持ちをもち、
行動に移すそういう事が現代はかなり希薄になっていているような気がしているけど、
この映画で私は串木町の人たちの人に尽くすという精神と、
きちんと送り届けた日本の誠意ある態度を決して忘れない日本人でいたいと思う。
そして同じ気持ちを持ってくれているトルコとの絆も感じている。

やった!久しぶりの友達との日帰り旅行

今日、ちょっと久しぶりの人から連絡が来ました。いい季節にもなったし日帰り旅行にでも行こうかとのことです。もちろん二つ返事でOKです。彼女とはそんなに何回も会わないけど(年に数回くらい?)いつ会ってもそのときに話したことがなんとなくその後の日々に影響を与えるような実のある時間が持てます。彼女にとっての私もそうだったらいいんだけど、それはわかりません。

お互いの予定を合わせるために、いろいろ話しました。彼女は薬剤師で子供が小さいときからずーっと切れることなく仕事をしています。私はそのときそのときの家の状況に合わせて仕事を変えてきたのですが、彼女も同じ年頃の子供を持っているにも関わらず仕事を変えることなく来ています。独身の頃は正社員で、子供が小さいときにはパート、ある程度大きくなってきたら社保パート(つまりだいたい年に140万円以上稼ぐのかな)と仕事時間を調節しています。

子供が大学生にもなると、仕事人としてはベテランと言われる時期になります。で、薬剤師の仕事はどのようにステップアップしていくのか興味があって聞いてみたことがあります。だって、あの小さいスペースで薬を調剤し、お客様に説明するという単純作業にしか見えませんから。もちろん誰にでもはできない単純に見える作業なわけですが。彼女が言うには、最近では地元の最初に採用になった薬局だけではなく、隣りの市程度の系列の調剤薬局に数週間単位くらいで行くことがあるそうです。ベテランともなると、多少状況が変わっても客層が変わっても対応できるだけの力がつくからでしょうか。そうそう、おばちゃんも長年やると、その状況対応力はなかなかのレベルになっていきますからねぇ(笑)。

そんな自由な働き方が許される中で、調整しきれなかった時間を埋めてもらうために大阪の薬剤師の求人(リクナビとか)はよく出ているのでしょうか。彼女曰く、けっこう薬剤師も飽和状態だと思うけど…とのことでしたがいつもけっこうありますよね。おまけに時給は高い。理系でなかった私には考えもしなかった道ですが、時給の高さとその自由度がちょっとうらやましいです。ま、何はともあれ日帰り旅行、楽しみです。場所はまだ決まっていないんですがね。

仲良し商店街~マリンロード鵠沼

私が鵠沼海岸に住んでから、早25年。
結婚後、最初の2年間は都内に住んでいたけれど、今、結局この町に住んでいる私。

特にこれと言って特徴のあるところではないけれど、
海が近くて、静かな住宅街。
大好きなんです。

そんな鵠沼海岸を、最近になって、見直しているところ(笑)
それはどんなところかというと、「商店街」のすばらしさ。

確か高校生ぐらいの時に、いきなり「マリンロード鵠沼」なんていう、
あまりに合わない名前がついてしまったのだけど、
今では、それもしっくり。
海に近いからね。

いわゆる大型アーケードの商店街とは全然違って、
道幅3~4m、はじからはじまで歩いても30分はかからないこじんまりとした商店街。
今はスーパーで何でも手に入ってしまうけど、
この商店街にスーパーははじっこに一軒だけ。

八百屋さんや、魚屋さん、花屋さん、お肉屋さん、
文房具屋さん、駄菓子屋さん、乾物屋さん、豆腐屋さん、
金物屋さん、本屋さんなどなど、個人経営で頑張っている店が昔から多い。

経営者の年齢や時代の流れで、私が子供のころとはだいぶお店も変わってきたけど、
ずっと住んでいる人達に守られて、今でも続けているお店もいっぱいある。

銀行もあるし、郵便局もある。美容院も。
もちろんコンビニもあるし、ここ10年ぐらいは飲食店もかなり増えた。
でも、流行りを追い求めてそろえたという感じは全然ない。
新しく開業したお店も目立ちするようなことはなくて、溶け込んでいる感じ。

大人になって、商店街で買い物をしたり、
お店の人と話をしたりしていると感じるのがこの商店街のお店同士の仲の良さ。

朝、お隣のお店の前まで掃除をしているおばさんがいたり、
夜、飲食店に入ると、別の飲食店の店長さんがそこに飲みに来ていたり、
飲食店で使用している食材は商店街のお肉屋さんから卸していたりする。

ちょっとしたことだけど、こんな風景にほのぼのしてしまう私。
結婚してここで暮らし始めた旦那も、こういう商店街は今時ちょっとめずらしいって言っていて、なんだかうれしかった。

今は、少しずつ、いろいろなお店の人とも顔馴染みになってきて、
商店街ユーザーとして認識されてきた感じ。
「マリンロード鵠沼」の一ファンとして、これからも活性化に貢献します!(笑)

最後にプチ自慢。
商店街のスーパーじゃないほうのはじっこが、
私のおばあちゃんが経営している「駄菓子屋さん」ってこと。
昔から、10円単位のお小遣いを持った小学生の憩いの場です。

旦那はセラピスト、そしてアロマライフ

私はもともとアロマオイルとかアロマテラピーに興味があって、
子供が産まれて少しお金に余裕が出てきてから、資格を取ろうと考えていたんです。

そんな中セラピストの旦那に出会い、再婚することになりまして。
これは絶対運命だなとすぐに感じました。

でも無口で消極的な旦那から、一緒にやろうとは言ってくれず、
そうこうして2年くらい経ったとき、
旦那の知り合いのアロマセラピストさんと会うことになりました。
旦那がアロマタッチという新しい分野にチャレンジするため、モデルが必要だったからです。

アロマタッチってなかなか聞かないんですが、本当に気持ちいいんです。
マッサージは圧をかけてもみほぐすという感じですが、
タッチですから体に触れてさする、という感覚なんです。
撫でられているとも少し違うけど、気持ちいいんです。
8種類の決められたアロマオイルを使って、上半身だけ裸になってやります。
アロマオイルも、飲めるほど自然のオイルを使います。

されてみてどうですか?と聞かれ、

されたいよりしてあげたい気持ちでいっぱいです、

と言うと、

旦那様と一緒にされてみてはどうですか?

とのこと。
眠っていたわたしの気持ちに火がついたように、アロマへの興味が強いものになりました。

それから、すぐに先生のblogをチェック。
アロマオイルを取り入れた生活が始まりました。
旦那にはオリジナルブレンドのオイルを作ってもらって、化粧水も作ってもらって、
お風呂に1滴、就寝前、起床後、1滴。
毎日癒されています。

これからもっともっとアロマを取り入れた生活を充実させていきたいと思います。

鯛の酒蒸しを初めて作りました

仕事帰りに、地元の小さな魚屋さんに寄ってみました。
家からは遠いので普段はあまり行かないのですが、仕事帰りに通るので、
たまに寄っています。
大きなスーパーには置いていないものがあるので、楽しいのです。

今回は、真鯛のお頭、アラが100円というお買い得商品を見つけました。
隣の市でとれたものです。
最近、鯛がマイブームで、次は酒蒸しにしようと思っていたので、
喜んで買って帰りました。
うちの冷凍庫はいっぱいでしたが、無理やり入れました。

後日、酒蒸しを作ることにしました。
インターネットで作り方を調べると、昆布だしを使うレシピが多いのですが、
鰹だししかなかったので、だしを入れないで作ることにしました。
知らない人が、ブログで「鯛は完璧な味をしている」と書いていて、
鯛に目覚めた私は、気が合うなと思い、その人と友達になりたくなるくらい、
嬉しかったです。

鯛は水洗いし、鱗を取り、塩をふり、フライパンに入れて酒をかけて蒸しました。
食べてみると、塩と酒だけの味付けとは思えないくらい濃厚で、
脂がのっていて、まさに完璧な味でした。目玉も食べて、
お頭も分解してきれいに食べました。
鯛の歯並びを観察しながら食べました。

酒蒸しは簡単で良かったです。
鯛は鱗をとるのが大変ですが、アラは安くておいしいので、また食べたいです。
旦那は魚の骨が苦手なので、食べるのに苦労していましたが、
私は鯛が好きなので、また買うと思います。
迷惑な嫁でごめんなさいね。

ダイエットのお伴、クレンジング酵素0

最近話題になり、そこそこ体験者もいたであろうダイエット法は、「炭水化物抜き(ないしローカーボ)ダイエット」と「食べる順番ダイエット(野菜→たんぱく質→炭水化物)ではないかと思います。これらのダイエット法はメディアでも大々的に取り上げられ、実践した人・成功した人は多かったかと思います。

しかし、ダイエットの基本は「運動をしてカロリー消費をする」「筋力をつける・体温を上げることで基礎代謝を上げる」「食事のカロリー・栄養バランスを把握し、暴飲暴食にならないように制限する」ことであると、10年以上ダイエットを続けていて結論が出ています。これらは生活習慣に直結するものなので、すぐにすべてを実践することは難しいと思われます。そこでサプリメントやダイエットドリンク(酵素を使用するタイプのもの)の力を借りることで、理想のダイエット生活に近づけることができます。

とりあえず摂取カロリーを減らすことができれば、いったん体重を落とすことはできます。しかし、必要な栄養素が取れていないことが多いため、一度体重が落ちても、疲れやすくなったりと身体に不調が生じてしまい、ダイエットどころではなくなりダイエット中止となりかねません。この最初のハードルを越えるための手助けとなるのが、サプリメントであったり酵素を使用しているダイエットドリンクです。
このサイトのクレンジング酵素0がおすすめです。

サプリメントは言わずもがな、不足しがちな栄養素をダイレクトに取り入れようとするものです。明確に今自分に欠乏している栄養素(ビタミンB群であったり鉄分であったり等)がわかるのであれば、サプリメントは手っ取り早い手段です。しかし、多くの場合、自分に欠乏している栄養がわからないままに低いカロリー生活をすることによって体調を崩すため、その状態にならないようにする手助けとなるのが今回紹介する酵素ダイエットドリンクです。

ダイエット酵素ドリンクにも種類があり、完全に食事の置き換えにするものと、食事(食前・食後)にプラスするものがあります。ドリンクではさすがにたんぱく質の摂取はできませんので、個人的には食事にプラスするものもしくは朝食のみを置き換えるものをおすすめしたいです。朝食をダイエット酵素ドリンクにして、昼食・夕食はたんぱく質メインにする方法がやりやすいのではないかと思います。

市販の酵素ドリンクはさまざまな栄養をふんだんに使って作られているので、オールマイティな栄養不足解消アイテムです。市販のものについては、各種通販サイトや比較サイトにランキング形式で載っているため、それらを見て自分に合ったものを探すとよいでしょう。ダイエットドリンクというと不味そうなイメージが多いですが、最近の市販の酵素ダイエットドリンクは飲みやすいものが多いです。
また、市販のものに限らず、目的に合わせて自分で酵素ドリンクを作ることもできます

ですが、酵素ダイエットドリンクに直接的に体を痩せさせる効果はなく、「酵素ダイエットドリンクを飲んだからダイエットができる」わけではありません。冒頭にも述べましたが、ダイエットの基本は運動(代謝)および食事です。運動もせず食事も今までのまま、酵素ダイエットドリンクを飲んでも痩せるわけはないので、その点は勘違いしないようにしてほしいところです。

老化からくる、シミとシワ

自分のお肌が老化を隠し切れなくなり、シワとシミが増え、ツヤがなくなりました。ずっと綺麗でいたいという気持ちを捨てきれず、このまま40代を迎えるのがちょっと辛い今日この頃。そこで、楽天のポイントがだいぶたまっていたので、楽天で何かエイジングケアにいいサプリメントはないかと探していました。そこでたどり着いた商品がオーガランドのプラセンタでした。

定期購入だと3か月で2300円前後、こんなに安くて大丈夫かなと少し心配になる価格でした。「オーガランド」は豚のプラセンタを使用していて、その外にも「はちみつパウダー」や「フィッシュコラーゲン」「シルクペプチド」「アンガンオイル」の4つの成分が含まれているようで、お肌にいいものばかりを凝縮しているサプリでした。

初めてプラセンタサプリを試しますが、ニオイが気になり飲めなかったらどうしようと不安もありました。しかし、いざ飲んでみると、ニオイはほとんどしませんでした。しかも、ツルッと飲みやすく、若干「はちみつの味」なので安心しました。

飲んで2週間は、正直そこまでのエイジングケアができていないかなと思っていました。しかし、1か月後、なぜか突然、お肌がプルプル、モチモチしてきました。また、全体的にお肌の水分量が増えているように感じました。化粧ノリが以前と比べて、全然違うことを明らかに実感できました。さらに唇は、普段はリップクリームで保湿しないといけないほど荒れていますが、リップクリームいらずになりました。

結果、潤いをもたらせてくれた、プラセンタサプリ「オーガランド」は、プチプラで続けやすいので、今後もしばらく続けていきたいと考えています。まず、プラセンタ系のサプリを試したいという方には、手を出しやすいサプリメントかもしれません。

生まれてくれてありがとう

2年前、夫の浮気が発覚しました。
浮気女性に20万円ものお金まで貸しており、幸せだったはずの日々に
一気にもやがかかった気分でした。夫はこの事実を問いただしても
上辺だけの謝罪でしまいには逆切れされました。

すべてのお金の返済に2年かかり、3ヶ月前やっと浮気女性との縁が切れました。
この2年間は本当に精神的にどうにかなってしまいそうな日々でした。
問いただした後も夫はその女性と黙って連絡を取ったりしていたようです。

そんな中私がなんとか生活してこれたのは、娘の存在があったからです。
どうしても耐え切れなくなって娘の前で泣いてしまう日もありました。
きっと娘はなにがあったがさっぱりだったでしょう。

でも「ママ、大丈夫?よく頑張ってるね」って頭を撫でてくれました。
その一言で、たったその一言で私はまた前を向いて頑張れました。
いつもイライラして、たいしたことないことで怒鳴ってしまったり、
ちょっとしたことで怒ってしまってばっかりの日々でした。
それなのに、いつも必要としてくれて、「お仕事頑張ってね。」と笑顔で言ってくれる娘。

赤ちゃんのころは夜泣きが酷く、くじけそうな毎日だったけど
そんな娘ももう今年で4歳です。最近、ふと片付けをしていたら、
昔書いていた育児日記が出てきました。

娘が生まれた翌日にはこう書いてありました。

「1日寝たらすこし疲れが取れた。まだ全然実感はわいてこないな。
でも、無事に生まれてきてくれて、本当に良かった。
自分より大切な存在がこの世に生まれてきてくれて本当に感謝!!
これから大変なこともイライラすることもたくさんあるだろうけど頑張って行こう」

また、涙がこぼれました。娘が今度は何も言わず抱き締めてくれました。
本当に頑張ってきてよかった。
自分より大切な存在を守るためにこれから頑張っていきたいと思えた日です。

人生初の海外旅行で触れた人の優しさ

私は海外が好きで英語を勉強し、初めての海外旅行にフランス、パリを選びました。
一人で気ままに行ってみるのもいいかと思い、個人で航空券とホテルを予約し、
初めてなのもあってバスの乗り方など念入りに下調べをしていきました。

ところが、空港に到着してから市内までのバスのチケットの買い方がわかりません。
機械で買うのですが、画面に出ている文字はフランス語、
言語を変えるボタンもわかりませんでした。

そこへ一組のフランス人老夫婦が隣にきて、困ってるの?と声をかけてくれました。
そのときおそらく私は泣きそうな顔をしていたと思います。
旦那様の方は英語が話せたので英語で画面のフランス語を訳してくれました。

奥さんは英語は話せない様でしたが、優しい笑顔で

市内まで一緒に行きましょう、大丈夫だから(フランス語はわからなかったのですが
おそらくそのような主旨のことを言っていたと思います)

と慰めてくれました。
心細かった気持ちが一気に明るくなりました。

市内で一緒にバスを降りた後も、

ホテルまでの道はわかる?荷物の忘れ物はない?

など、とても気にかけてくれました。しっかりとお礼を言って老夫婦と別れました。
ひとりぼっちで分からないことだらけの心細い海外旅行先で、
人に優しくされると本当に嬉しいし、安心します。
そして、そのような優しさに触れると、その分、自分自身も人に優しくしたい、
誰かを助けたいと思えるようになります。

旅行中には老夫婦以外の人からもたくさん優しく助けていただきました。
私が助けていただいたときの気持ちを忘れずに、
誰かを助けようとすることで少しでもその方たちへ恩返しができればなあ、と思います。

親睦会

隣組の親睦会が、毎年11月に行われています。
お年寄りの多い組なので、近場で2時間程度の食事会になります。
今年は、お寿司屋さんで行われました。
会費は、大人が1,000円です。子供は、無料です。我が家は、子供が4人いるので助かります。

おいしいお寿司屋さんです。2階に宴会場があり、自由に持ち込みもできます。
前回は、ビールのケースを持ち込んでいました。

私は、親睦会に参加することは大切だと思います。
子供たちのことを、たくさん覚えてもらいたいからです。

学校の行き帰りや、お友達の家に遊びに行ったり、習い事に行ったり、
子供だけで出かけることも増えてきました。
顔を覚えてもらうことによって、何かあったときに助けてもらえるし、
子供も知っている顔を見ると安心できると思うからです。
子供のためでもあり、自分自身のためでもあります。

親睦会は、組長が準備します。内容は自由です。
みんなが楽しめるように、お寿司とオードブルになることが多いです。
アルコールが好きな方が多く、ビールから始まりお酒や焼酎など、
この日ばかりはと飲んでいます。
どの家庭も夫婦で出席が多いので、帰りも安心です。
家から10分くらいの距離なので、程よく飲んで歩いて帰ります。

ぽかぽかした、いい天気なので良かったです。
体が悪くなってきた人が増えてきましたが、できるだけ参加するように
がんばってくれています。
参加は自由ですが、この組の参加率は多く、半分以上の方はこの日を楽しみにしています。
企画してくださる組長さんに感謝です。